くらしの植物苑 特別企画
「伝統の朝顔」

国立歴史民俗博物館 くらしの植物苑
開催期間:2021.08.03〜2021.09.05

朝顔は古くから多くの人々に親しまれてきました。特に江戸時代以降、文化・文政期、嘉永・安政期、明治・大正期など、繰り返し朝顔ブームが訪れ、変化朝顔とよばれる、朝顔に見えないような多様な形の花と葉を持つ朝顔が作り出されてきました。特に、朝顔は一年草であるにも関わらず、種子を結ばない変異も種子によって維持してきたことは世界的に見ても特異なもので、幕末の嘉永・安政期にはきわめて多くの品種が作り出されていたようです。

しかし、大正期以降、現在でも広く栽培されている大輪朝顔の栽培が盛んになる一方、変化朝顔の愛好家は次第に減少し、第二次世界大戦後の変化朝顔はわずか数名の愛好家によって維持される状況になりました。幸いなことに、江戸期に起源を持つ変化朝顔の変異の多くは、愛好家や研究者の努力によって現在まで維持されているのです。そこで、江戸時代以降の独創的な知識と技術を駆使してつくり上げられた伝統の朝顔を広く知っていただき、人と植物との関わりを見るべく、くらしの植物苑では1999年以降、歴史資料としてこれらの朝顔を展示してきました。

今回は、「外国人がみた変化朝顔」をテーマとし、明治期に外国で紹介された変化朝顔についてと2000年に歴博が協力して開催されたオランダでの変化朝顔の展示について、パネルで紹介いたします。

また、苑内の東(あずま)屋、よしず展示場に、苑で栽培した鉢植えの朝顔を展示します。

展覧会名

くらしの植物苑 特別企画「伝統の朝顔」

会期

2021.08.03〜2021.09.05

開館時間

9時30分~16時30分 (入苑は16時00分まで)
※ただし、8月9日(月・休)~15日(日)は8時30分から開苑いたします。
※開花の特性上、午前中の早い時間が見ごろです。

休館日

毎週月曜日(休日の場合は翌日休苑)
※8月10日は開苑します

入場料

個人 100円
※高校生以下は入苑無料。
※障がい者手帳等保持者は手帳提示により、介助者と共に入苑無料。
※博物館の総合展示・企画展示は別途料金がかかります。
※博物館の半券の提示で、当日に限りくらしの植物苑にご入場できます。また、植物苑の半券の提示で、当日に限り博物館の入館料が割引になります。

会場

国立歴史民俗博物館 くらしの植物苑

住所

〒285-8502
千葉県佐倉市城内町 117

アクセス

・JR「東京駅」から総武本線「佐倉駅」下車、バス約15分
・「京成上野駅」から京成本線にて「京成佐倉駅」下車、徒歩約15分
またはバス約5分 (南口1番乗場から、ちばグリーンバス田町車庫行き乗車、「国立博物館入口」または「国立歴史民俗博物館」下車)

主催

国立歴史民俗博物館

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP