伝教大師1200年大遠忌記念
特別展「最澄と天台宗のすべて」九州会場

九州国立博物館
開催期間:2022.02.08〜2022.03.21

2021年は、平安時代のはじめに仏教界に新風をもたらした伝教大師でんぎょうだいし最澄(767-822)の1200年の大遠忌だいおんきにあたります。最澄は「悟りに至る道はすべての人に開かれている」という平等思想を説いた『法華経ほけきょう』に心惹かれ、この教えをいしずえとする天台宗を日本でひろめました。東には琵琶湖を、西には京の都を見下ろす比叡山ひえいざんに、最澄が創建した延暦寺えんりゃくじは、日本史上、多くの高僧を輩出し、彼らが説いた多様な教えは日本文化に大きな影響を及ぼしてきました。

このたび、最澄の1200年大遠忌を記念して、特別展「最澄と天台宗のすべて」を、2021年10月から2022年5月にかけて、東京国立博物館、九州国立博物館、京都国立博物館の順に開催いたします。本展では、延暦寺における日本天台宗の開宗から、東叡山寛永寺とうえいざんかんえいじを創建して幕府と強固なつながりを得た江戸時代に至るまでの天台宗の歴史をご紹介します。日本各地で守り伝えられてきた貴重な宝物や、『法華経』の説く万民救済の精神をあらわす文化財を、各会場における地域的な特色を示しながら、ご覧いただきます。

展覧会名

伝教大師1200年大遠忌記念 
特別展「最澄と天台宗のすべて」

会期

2022.02.08〜2022.03.21

開館時間

確定次第、展覧会公式サイト等でお知らせします。
※展示作品、会期、展示期間等については、今後の諸事情により変更する場合があります。最新情報は展覧会公式サイト等でご確認ください。

休館日

確定次第、展覧会公式サイト等でお知らせします。

入場料

確定次第、展覧会公式サイト等でお知らせします。

会場

九州国立博物館

住所

〒818-0118
福岡県太宰府市石坂4-7-2

アクセス

西鉄「太宰府」駅下車、徒歩で約10分

主催

九州国立博物館・福岡県、天台宗、比叡山延暦寺、読売新聞社、西日本新聞社、文化庁

チケットを購入する
この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP