大林コレクション展「安藤忠雄 描く」

WHAT MUSEUM 1階 SPACE2
開催期間:2021.09.25〜2022.02.13

大林コレクション展は、国際芸術祭「あいち2022」(愛知県)の組織委員会会長を務める大林剛郎氏が長い年月をかけて築いた圧巻のコレクションに焦点を当て3つのテーマ展示を行います。

 

同コレクションの出発点でもある、建築家・安藤忠雄氏の平面作品に着目した「安藤忠雄 描く」では、長さ10mにおよぶドローイングを中心に、初期建築作品のスケッチ、未完のプロジェクトのシルクスクリーンを含む平面作品15点を展示します。

安藤忠雄氏のプロジェクトは、未来を 「想い描くこと」、それを「図として描くこと」から始まります。和紙に描かれた細いペンと色鉛筆の繊細で柔らかな筆致からは、同氏が真摯に都市と建築に向き合う姿が垣間見え、ダイナミックなドローイングの筆跡からは、力強く未来に向かって挑む姿が連想されます。

展覧会名

大林コレクション展「安藤忠雄 描く」

会期

2021.09.25〜2022.02.13

開館時間

11:00~18:00(最終入場は17:00まで)

休館日

月曜休館(祝日の場合、翌火曜休館)
※年末年始休館予定

入場料

入 場 料 :一般1200円、大学生/専門学校生 700円、中高校生 500円、小学生以下 無料
※同時開催する「都市と私のあいだ」、「Self-History」の観覧料が含まれます。

・オンラインチケット制*チケット発売は9月1日を予定しております。
・招待チケット・招待状、未就学児、障がい者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名様までは無料でご入場いただけます。
※招待チケット・招待状をお持ちの方は、ご入館の際にご掲示ください。
※障がい者手帳をお持ちの方とその付添者1名は、ご入館の際、障がい者手帳等をご掲示ください。
※学生の方は、ご入館の際、学生証をご掲示ください。

会場

WHAT MUSEUM 1階 SPACE2

住所

〒140-0002
東京都品川区東品川2-6-10 寺⽥倉庫G号

アクセス

東京モノレール 天王洲アイル駅 徒歩5分
東京臨海高速鉄道りんかい線 天王洲アイル駅B出口 徒歩4分
JR品川駅 港南口 徒歩15分

主催

WHAT MUSEUM

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP