「戸谷成雄 森―湖:再生と記憶」

市原湖畔美術館
開催期間:2021.10.16〜2022.01.16

「彫刻」の概念の再構築を試み、一貫して「彫刻とはなにか」を追求し続けてきた日本を代表する彫刻家、戸谷成雄。

チェーンソーで木を彫り刻むことで生まれる作品には、文明論的近代批判、人間への洞察、土地の記憶、自然への想像力が深く刻み込まれています。

 

本展では、鉄芯を埋め込んだ木のブロックをチェーンソーで彫り刻む《森》シリーズに連なる《双影景》、《地霊Ⅵ》、《雷神-09》、森の根を思わせる幅3メートル、高さ4メートルの《水根Ⅱ(スワ)》、さらに無数の視線の集積によってつくり出される《視線体-散》を展示。森をさまよい、その根源におりていくように、戸谷の豊穣な作品世界を体感していただきます。

 

ダムの建設により誕生した人工湖の畔にたたずむ当美術館の時空間をひとつのインスピレーションとして、巨大なヴォイド(アトリウム空間)を最大限に活かし、大型作品をダイナミックに展開します。

「視線」「表面」「内部と外部」「地上世界と地下世界」「自然と人間の関係」「近代」のメタファーとしての展示空間と、戸谷の彫刻世界との化学反応をお楽しみください。

展覧会名

「戸谷成雄 森―湖:再生と記憶」

会期

2021.10.16〜2022.01.16

開館時間

平日/10:00~17:00、土曜・祝前日/9:30~19:00、日曜・祝日/9:30~18:00
最終入館は閉館時間の30分前まで

休館日

毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始(12月27日~1月3日)

入場料

一般 800(700)円/大高生・65 歳以上の方 600(500)円
※( )内は 20 名以上の団体料金
※中学生以下・障がい者手帳をお持ちの方とその介添者(1 名)は無料

会場

市原湖畔美術館

住所

〒290-0554
千葉県市原市不入 75-1

お問い合わせ

0436-98-1525 

アクセス

JR内房線・小湊鐡道「五井駅」40分→小湊鐡道「高滝駅」からタクシー 3分、徒歩 28分

主催

市原湖畔美術館 [ 指定管理者:(株)アートフロントギャラリー ]

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP