上田薫とリアルな絵画

水戸駅 | 茨城県近代美術館
開催期間:2021.10.26〜2021.12.12

上田薫(1928~)は、日本におけるスーパーリアリズムの第一人者として広く知られる画家です。1970年代に発表した「なま玉子」シリーズをはじめ、スプーンですくいとられたアイスクリームや、シャボン玉、水の流れといった、身近なものの一瞬の姿をとらえてリアルに表現する作品によって、高く評価されてきました。上田は、写真を利用して対象をクローズアップで描くことにより、肉眼による認識をはるかに凌ぐ視覚世界を現出させます。そしてその作品は、見る者の知覚に揺さぶりをかけ、リアルをめぐる思索へと私たちを誘うのです。また上田は、1985~93年にかけて茨城大学教授を務め、茨城を制作拠点とした本県ゆかりの画家でもあります。

 

本展では、上田の仕事を代表的なシリーズによって振り返るとともに、現代の作家18名によるリアルな絵画表現をあわせて紹介します。光がものを照らし出す複雑な様相や、人物表現における精神性や同時代性、見る者の意表を突くふしぎな世界など、彼らは各々の関心に基づいて、独自のリアリティを追究しています。半世紀を超える上田の表現の軌跡をたどることは、現代のアートシーンで隆盛する様々な作家たちのリアルな表現について考える上でも、重要な意味を持つことでしょう。多彩な作品を通して、「リアル」をめぐる豊かな絵画表現の世界をお楽しみください。

展覧会名

上田薫とリアルな絵画

会期

2021.10.26〜2021.12.12

開館時間

9:30〜17:00
※入館は閉館の30分前まで

休館日

月曜日

入場料

一般 870(730)円/満70歳以上430(360)円/高大生610(490)円/小中生370(240)円
※( )内は20名以上の団体料金
※障害者手帳・指定難病特定医療費受給者証等をご持参の方は無料
※土曜日は高校生以下無料
※11月13日(土)茨城県民の日はすべての方が入場無料
※12月4日(土)は満70才以上の方は入場無料

★WEB予約をおすすめします。
オンラインで「日時指定WEB整理券」(無料)を取得された方が優先入場となります。
来館日の1ヶ月前より予約可能です。詳細は茨城県近代美術館 HP をご覧ください。

会場

茨城県近代美術館

住所

〒310-0851
茨城県水戸市千波町東久保666-1

お問い合わせ

029-243-5111

アクセス

水戸駅南口から徒歩約20分。

主催

茨城県近代美術館

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP