親鸞を継ぐ-如信をめぐる遺宝- 

茨城県立歴史館
開催期間:2021.12.04〜2022.01.30

親鸞の孫・如信は、鎌倉時代に陸奥国大網東山を拠点として、念仏の教えを人々に説いたとされています。

本展では、県内の資料を中心にその人物について紹介するとともに、如信に関わる常陸北部の浄土真宗寺院について、遺された宝物とともに辿ります。

 

展覧会名

企画展4
親鸞を継ぐ-如信をめぐる遺宝-

会期

2021.12.04〜2022.01.30

開館時間

9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)

休館日

月曜日(祝日の場合はその翌日)、年末年始(12月29日~1月1日)

入場料

一般350円(290円)/大学生180円(140円)/満70歳以上170円(140円)
※( )内は20名以上の団体料金
高校生以下無料/身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、指定難病特定医療費受給者証をお持ちの方と付き添いの方1名無料
※満70歳以上の方12月16日(木)は無料

会場

茨城県立歴史館

住所

〒310-0034
茨城県水戸市緑町2-1-15

お問い合わせ

029-225-4425

アクセス

交通機関:JR常磐線水戸駅下車、北口4番バス乗り場から「桜川西団地」行きなど偕楽園方面行き乗車約10分、「歴史館偕楽園入口」下車、徒歩2分
自動車:常磐自動車道水戸ICから約7㎞、15分・JR常磐線水戸駅(北口)から約3㎞、7分

主催

茨城県立歴史館

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP