ソール・スタインバーグ
シニカルな現実世界の変換の試み

ギンザ・グラフィック・ギャラリー (ggg)
開催期間:2021.12.10〜2022.03.12

アメリカでもっとも愛された芸術家の一人、ソール・スタインバーグ(1914~1999)の逝去から22年。

スタインバーグの名前は日本でもおなじみですが、今もっとも再発見、再評価を必要としている芸術家です。

 

スタインバーグは、ドローイングを「紙上で推論する方法」と捉え、神話化されたアメリカの理想像と現実とのギャップや、不気味で滑稽な不条理、たとえば、古いものと新しいもの、優雅と狂暴といったものの混在とその見えない裂け目(クレバス)を、ユーモアと風刺を備えた、軽妙でしかも鋭利な線(line)で描きました。

彼は、「見えない線」、「見えないもの」、「見えない言葉」、「見えない構造」を視覚化し、意味の変換、概念の変換に生涯挑戦し続けました。
自分自身の肩書の曖昧さを積極的に受け入れていたようで、世間からも「描く文筆家」、「言葉と音の建築家」、「境界線上の芸術家」、「新しい思想の起案者」など様々に評され、常に未知の視覚的領域を超えて、子供の絵や大人の落書きから、クラシック、バロック、マニエリスム、表現主義、キュビスム、構成主義まで、あらゆるスタイル、あらゆる表現方法を試みました。
「私は読者に共犯を呼びかけている」と、スタインバーグは見る側を、現実の理不尽さに目を向けるために当事者になることを煽ります。スタインバーグが生み出した造形は、このような思索と思想を武器に、イタリアの風刺新聞『ベルトルド』やアメリカを代表する雑誌『The New Yorker』誌をはじめ、数々の新聞や雑誌の紙面を、美術館の壁にあるピカソの絵と同じくらい明確に、芸術の場に変えたのです。

 

今回、日本初の大々的な個展となる本展では、ニューヨークのソール・スタインバーグ財団よりご寄贈いただいたポスター、リトグラフ、エッチング、木版画など62点、和田誠事務所よりご寄贈とお貸出しいただいた7点のポスター、フランスのマーグ画廊の作品集5冊、さらに、ドローイングを中心とした代表作の複製作品などを含む、合計約280点の作品を一堂にご覧いただきます。

 

本展の監修をいただいた矢萩喜從郎氏曰く、「スタインバーグのドローイングを見せられたほとんどの人が、有り得る筈がない情景、と最初笑って反応したとしても、すぐに戸惑い、思考が停止し、宙吊りにされてしまう」。ぜひこの感覚を、会場の作品に直接対面して、ご体験ください。

展覧会名

ソール・スタインバーグ
シニカルな現実世界の変換の試み

会期

2021.12.10〜2022.03.12

開館時間

11:00〜19:00

休館日

日曜日・祝日休館
冬季休館:2021年12月28日(火)~2022年1月5日(水)

入場料

無料

会場

ギンザ・グラフィック・ギャラリー (ggg)

住所

〒104-0061
東京都中央区銀座7-7-2
DNP銀座ビル1F/B1F

お問い合わせ

03-3571-5206

アクセス

・ 地下鉄銀座線、日比谷線、丸ノ内線「銀座」駅から徒歩5分
・ JR「有楽町」「新橋」駅から徒歩10分

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP