没後50年 鏑木清方展

竹橋駅 | 東京国立近代美術館 1F企画展ギャラリー
開催期間:2022.03.18〜2022.05.08

鏑木清方(1878-1972)の代表作として知られ、長きにわたり所在不明だった《築地明石町》(1927年)と、合わせて三部作となる《新富町》《浜町河岸》(どちらも1930年)は、2018年に再発見され、本館のコレクションに加わりました。本展は清方の没後50年という節目を得て、この三部作をはじめとする約110点の日本画作品で構成する、清方の大規模な回顧展です。

浮世絵系の挿絵画家からスタートした清方は、その出自を常に意識しながら、晩年に至るまで、庶民の暮らしや文学、芸能のなかに作品の主題を求め続けました。本展覧会では、そうした清方の関心の「変わらなさ」に注目し、いくつかのテーマに分けて作品を並列的に紹介していきます。関東大震災と太平洋戦争を経て、人々の生活も心情も変わっていくなか、あえて不変を貫いた清方の信念と作品は、震災を経験しコロナ禍にあえぐいまの私たちに強く響くことでしょう。

 

※作品保護のため、会期中一部展展示替えがあります。

展覧会名

没後50年 鏑木清方展

会期

2022.03.18〜2022.05.08

休館日

月曜日(ただし3月21日、28日、5月2日は開館)、3月22日(火)

入場料

ご来館前に展覧会公式サイト等で開館時間や観覧料等の最新情報をご確認ください。

会場

東京国立近代美術館 1F企画展ギャラリー

住所

東京都千代田区北の丸公園3-1

アクセス

東京メトロ東西線「竹橋駅」1b出口より徒歩3分

主催

東京国立近代美術館、毎日新聞社、NHK、NHKプロモーション

チケットを購入する
この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP