オルタナティブ! 小池一子展
アートとデザインのやわらかな運動

末広町駅 | 3331 Arts Chiyoda
メインギャラリー(1F)、sagacho archives(B1F)、B111(B1F)ほか
開催期間:2022.01.22〜2022.03.21

日本で初めての “オルタナティブ・スペース” を創設した小池一子は、1960年代以降の日本のクリエイティブ領域の黎明期を、コピーライター、編集者、クリエイティブ・ディレクターとして牽引し、80年代よりアートの現場でもその活動を展開してきました。

新進作家を支える場として小池が開設した “オルタナティブ・スペース”「佐賀町エキジビット・スペース」(1983~2000)の姿勢は、同時代の社会に向けて実践的かつ純粋な思考への希望を示唆するものでした。

本展の展示は「中間子」エリアと「佐賀町」エリアと大きく2つに分けて構成します。

「中間子」エリアでは、クリエイティブ・ディレクター、コピーライター、エディター、翻訳者、世界展開するライフスタイルブランドの創設等、小池が行って来たクリエイティビティ溢れる仕事の数々を紹介し、主にアーカイブ資料を中心に展覧します。

「佐賀町」エリアでは、小池が1983年に立ち上げ2000年に閉廊した「佐賀町エキジビット・スペース」で展覧会を行った作家から、当時の貴重な作品を多数展示いたします。

 

本展は、小池の現代美術への情熱を具現化させた作家の作品展示を軸に、デザイン、ファッション、広告などの領域を超えて、芸術家やクリエイターらの表現を裏方の立場で下支えする土壌を開拓した小池の仕事を総括するとともに、同時代の芸術家やクリエイター達の軌跡にも迫るという点で画期的かつ独創的な展覧会となります。

展覧会名

オルタナティブ! 小池一子展 アートとデザインのやわらかな運動

会期

2022.01.22〜2022.03.21

開館時間

11:00~19:00
※最終入場は閉場の30分前まで

休館日

会期中無休
※「sagacho archives」(B1F B110)の内藤礼作品(完全予約制)は毎週月曜日、2022年2月21日(月) ~ 23日(水)休廊

入場料

一般 1,000円/シニア(65歳以上)・学生 800円
※高校生以下無料
※千代田区民は身分証明書のご提示で無料
※障害者手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名は無料

会場

3331 Arts Chiyoda
メインギャラリー(1F)、sagacho archives(B1F)、B111(B1F)ほか

住所

〒101-0021
東京都千代田区外神田6丁目11-14(旧練成中学校)

お問い合わせ

03-6803-2441(代表)

アクセス

東京メトロ銀座線末広町駅4番出口より徒歩1分
東京メトロ千代田線湯島駅6番出口より徒歩3分
都営大江戸線上野御徒町駅A1番出口より徒歩6分
JR御徒町駅南口より徒歩7分
JR秋葉原駅電気街口より徒歩8分
JR御茶ノ水駅聖橋口より徒歩15分

主催

3331 Arts Chiyoda

関連企画・イベント

◎小池の人物像に迫る映像作品を映像ディレクターの小松真弓が制作。会場内で特別上映。
◎展示エリア外に heso 企画によるアーカイブ室・特別企画室「アーカイブティック Archi-boutique」を開設。
◎そのほか、会期中に出展作家や小池一子に縁のある登壇者を迎えた各種トークイベントを開催します。詳細は展覧会特設サイトやSNSにてお知らせします。

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP