再開記念展 松岡コレクションの真髄

松岡美術館
開催期間:2022.01.26〜2022.04.17

松岡美術館は、所蔵作品の修復調査、設備点検の長期休館を経て、いよいよ約2年8か月ぶりに再開します。

本館の初代館長であり、美術館の創設者である松岡清次郎は若いころから書画骨董を愛し、生涯をかけて一大コレクションを築きました。自らの感性のおもむくまま、時には「日本にまだないものを」と選び抜かれた美術品は、1800件あまりを数えます。

今回は約2年8か月ぶりの再開を記念し、東洋陶磁・日本画・西洋彫刻の3つの企画をとおして松岡コレクション屈指の名品をご紹介します。

東洋陶磁は蒐集エピソードを添えて購入順にご紹介し、美術館の歴史を振り返ります。日本画は横山大観、渡辺省亭らの花鳥画を中心とし、鏑木清方の美人画や、修復後初出品となる重要文化財 伝周文《竹林閑居図》を3月8日(火)から展示。また、新たに加わったローマ時代《アルテミス》の常設展示にあわせて、古代ギリシア・ローマの大理石彫刻8点を出品します。

古代ギリシア・ローマの彫像から昭和の絵画作品まで、時を超え、洋の東西を越えた清次郎の美の世界をお愉しみください。

展覧会名

再開記念展 松岡コレクションの真髄

会期

2022.01.26〜2022.04.17

開館時間

10:00〜17:00(入館は16:30まで)
第1金曜日 10:00~19:00(入館は18:30まで)

休館日

月曜日(祝日の場合は翌平日)

入場料

一般1,200円/25歳以下500円(10名以上の団体は各100円引)
高校生以下、障がい者手帳をお持ちの方 無料

会場

松岡美術館

住所

東京都港区白金台5-12-6

お問い合わせ

03-5449-0251

アクセス

・東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線「白金台駅」1番出口から徒歩7分
・JR「目黒駅」東口から徒歩15分
・都営バス「目黒駅」東口バスターミナル2番のりば
 黒77:千駄ヶ谷駅前行 橋86:東京タワー行・赤羽橋駅前行・新橋駅前行、「東大医科研病院西門」下車 徒歩1分
※会期・開館情報は状況により変更になることがあります。

主催

松岡美術館

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP