1933年の室内装飾 朝香宮邸をめぐる建築素材と人びと

目黒駅 | 東京都庭園美術館(本館+新館ギャラリー1)
開催期間:2019.07.20〜2019.09.23

「1933年の室内装飾」展は、1933年に竣工した旧朝香宮邸(現・東京都庭園美術館)の建築としての魅力を紹介する、年に1度の建物公開展です。今回は、室内を構成する要素―木材や石材、タイル、壁紙、家具など―に焦点を当て、その素材や技法、携わった職人や企業について、当時の工事仕様書やカタログ等の資料から解き明かすことを試みます。本展を通して、日本のものづくりを支えた人々の仕事に改めて光を当てる機会とするとともに、文化財としての建築の一つの見方や楽しみ方を提示することを狙いとしています。

展覧会名

1933年の室内装飾 朝香宮邸をめぐる建築素材と人びと

会期

2019.07.20〜2019.09.23

開館時間

10:00–18:00 (7月26日 – 8月30日の毎週金曜日は21:00まで)
※入館は閉館の30分前まで

休館日

第2・第4水曜日(8/14、8/28、9/11)

入場料

一般 900円、大学生720円、中高生450円、65歳以上450円

会場

東京都庭園美術館(本館+新館ギャラリー1)

住所

東京都港区白金台5-21-9

電話番号

03-5777-8600(ハローダイヤル)

アクセス

JR山手線「目黒駅」東口/東急目黒線「目黒駅」正面口より徒歩7分
都営三田線・東京メトロ南北線「白金台駅」1番出口より徒歩6分
※白金台駅のエレベーターは2番出口にございます。

主催

公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都庭園美術館

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP