アヴァンガルド勃興 近代日本の前衛写真

恵比寿駅 | 東京都写真美術館 3F展示室
開催期間:2022.05.20〜2022.08.21

前衛写真は海外から伝わってきたシュルレアリスムや抽象美術の影響を受け、1930年代から1940年代までの間に全国各地のアマチュア団体を中心に勃興した写真の潮流です。活動時期が大変短い時期であったことなどで、その活動内容についてのあまり検証がなされていませんでした。しかし近年各地の美術館によりその活動の研究が進み、海外でもその活動が注目されています。
それまでも写真にとって絵画の影響は強いものでしたが、前衛写真は画家だけではなく詩人やデザイナーなどが参加し、その活動の幅を広げていました。特に1937年に瀧口修造が山中散生(ちるう)とともに企画した「海外超現実主義作品展」が東京で開催(のち京都・大阪・名古屋・福井を巡回)されたことによって多くの写真家が触発され新しい表現へ向かい、画家たちは写真を使って、絵画では出来ない表現に挑戦していきました。 しかし、戦時下体制の強化とともに前衛表現は規制を受け、1939年には時局への配慮から多くの前衛写真のグループは名称を変更せざるを得なくなります。1941年に瀧口が逮捕され、写真雑誌が統合され、また多くの写真材料の輸入が困難となり、各地で行われていた活動も収束へと追い込まれていきます。
本展では、同時代に流行した前衛絵画との関係性なども考慮にいれ、シュルレアリスム運動とどのように関わっていったのか今回の展覧会によって詳らかにします。

展覧会名

アヴァンガルド勃興 近代日本の前衛写真

会期

2022.05.20〜2022.08.21

開館時間

10:00〜18:00(木・金曜は20:00まで)
※入館は閉館の30分前まで

休館日

毎週月曜日(月曜日が祝休日の場合は開館し、翌平日休館)

入場料

一般 700円/学生 560円/中高生・65歳以上 350円 
※小学生以下、都内在住・在学の中学生および障害者手帳をお持ちの方とその介護者(2名まで)は無料。
※オンラインによる事前予約を推奨

会場

東京都写真美術館 3F展示室

住所

〒153-0062
東京都目黒区三田1-13-3
恵比寿ガーデンプレイス内

お問い合わせ

03-3280-0099

アクセス

JR恵比寿駅東口より徒歩約7分
東京メトロ日比谷線恵比寿駅より徒歩約10分

主催

東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP