スイス プチ・パレ美術館展
印象派からエコール・ド・パリへ

新宿駅 | SOMPO美術館
開催期間:2022.07.13〜2022.10.10

スイスのジュネーヴにあるプチ・パレ美術館が収蔵する19世紀後半から20世紀前半にかけてのフランス近代絵画をご紹介する展覧会です。

 

創設者である実業家オスカー・ゲーズ氏は熱心な美術蒐集家であり、1968年にプチ・パレ美術館を開設し、そのコレクションを公開しました。

プチ・パレ美術館は創設者の逝去後、現在まで休館しており、同館の収蔵品展が日本で開催されるのは約30年ぶりのことです。

プチ・パレ美術館は、ルノワールやユトリロといった有名な作家に加えて、あまり知られていなかった画家たちによる優れた絵画も数多く収蔵しています。

世紀転換期のパリでは、印象派や新印象派、ナビ派、フォーヴィスム、キュビスム、エコール・ド・パリなどのさまざまな絵画運動が生まれ、絵画における実験的な表現方法が探究されました。

本展覧会は、そのようなフランス近代絵画の流れを、38名の画家による油彩画65点という充実したラインナップによって展望するものです。

展覧会名

スイス プチ・パレ美術館展
印象派からエコール・ド・パリへ

会期

2022.07.13〜2022.10.10

開館時間

10:00-18:00
(入館は閉館の30分前まで)

休館日

月曜日(ただし7月18日、9月19日、10月10日は開館)

入場料

一般:1,600円、大学生:1,100円 高校生以下無料
※身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳を提示のご本人とその介助者1名は無料。被爆者健康手帳を提示の方はご本人のみ無料

会場

SOMPO美術館

住所

〒160-8338
東京都新宿区西新宿1-26-1

アクセス

新宿駅西口より徒歩5分

主催

SOMPO美術館、フジテレビジョン

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP