ルートヴィヒ美術館展
20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

乃木坂駅 | 国立新美術館 企画展示室2E
開催期間:2022.06.29〜2022.09.26

国立新美術館で、ドイツのルートヴィヒ美術館が所蔵する、20世紀初頭から現代までの優れた作品を紹介する「ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション」が開催されます。
ケルン市が運営するこの美術館のコレクションは、市民のコレクターたちによる寄贈を軸に形成されてきました。二度の世界大戦、東西ドイツへの分裂から統一へといたる激動の20世紀を生きた寄贈者たちは、同じく困難な状況に翻弄され、ときに立ち向かい、またときに社会の新しい息吹に鼓舞された、同時代の美術家たちに目を向けました。

 

展覧会では、ルートヴィヒ美術館のコレクションの代表的な作品が、寄贈にかかわったコレクターたちに焦点を当てて紹介されます。なかでも、館名に名を冠するルートヴィヒ夫妻は、美術館の顔とも言うべき存在です。ともに大学で美術史を学んだ実業家のペーターと妻イレーネが寄贈した、ヨーロッパ随一の優れたポップ・アートのコレクションやロシア・アヴァンギャルドの貴重な作品群、数多くのピカソの優品は、ルートヴィヒ美術館のコレクションの核を形成しています。

一方、表現主義や新即物主義などドイツ近代美術の名品の多くは、ケルンで弁護士として活躍したヨーゼフ・ハウプリヒが収集しました。彼は、第二次世界大戦から守り抜いた貴重な作品群を、戦後まもなくケルン市に寄贈し、社会に大きな希望を与えていました。展覧会では、こうした代表的なコレクションに加え、グルーバー夫妻からの購入と寄贈をもとに圧倒的な質と量を誇るまでに成長した写真コレクションや、現代美術を振興するさまざまな取り組みを経て収蔵された2000年代以降の作品など、油彩や彫刻、立体作品、映像、写真を含む152点の作品が紹介されます。

展覧会名

ルートヴィヒ美術館展
20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション

会期

2022.06.29〜2022.09.26

開館時間

10:00~18:00
※毎週金・土曜日は20時まで
※入場は閉館の30分前まで

休館日

毎週火曜日

入場料

一般 2,000円、大学生 1,200円、高校生 800円
※中学生以下は入場無料

会場

国立新美術館 企画展示室2E

住所

〒106-8558
東京都港区六本木7-22-2

アクセス

東京メトロ千代田線乃木坂駅 青山霊園方面改札6出口(美術館直結)
東京メトロ日比谷線六本木駅4a出口から徒歩約5分
都営地下鉄大江戸線六本木駅7出口から徒歩約4分

主催

国立新美術館、ルートヴィヒ美術館、日本経済新聞社、TBS、BS-TBS

巡回展

<京都国立近代美術館>

2022年10月14日(金)~2023年1月22日(日)

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP