「小松美羽展 岡本太郎に挑むー霊性とマンダラ」

向ヶ丘遊園駅 | 川崎市岡本太郎美術館
開催期間:2022.06.25〜2022.08.28

小松美羽は1984年長野県に生まれ、豊かな自然の中で生き物の生と死を間近に見てきた経験から、
独自の死生観を形作ってきました。日本の神々の使いや神獣、人々の祈りといった「見えない何か」からインスピレーションを得たモチーフを描くようになります。
「アートは魂を癒す薬である」と考える小松にとって、作品制作は祈りと共にあり、「神事」なのです。

日本人の意識の底にある力強い生命力や美を見出し、作品にぶつけ続けた岡本太郎に、小松美羽が国境や宗教を超えた世界観で挑みます。異彩を放ち、エネルギー溢れる彼女の作品は、私たちの魂を揺り動かし、閉塞した現代社会を生きる力を与えてくれるでしょう。

 

※本展の観覧には、事前予約が必要となります。(年間パスポート、招待券を含む)

事前予約サイトは6月上旬ごろ開設予定です。

詳細は、当館ホームページをご確認ください。

展覧会名

「小松美羽展 岡本太郎に挑む-霊性とマンダラ」

会期

2022.06.25〜2022.08.28

開館時間

9:30~17:00(入館は16:30まで)

休館日

月曜日(7月18日を除く)、7月19日(火)、8月1日(金)

入場料

一般1,000(800)円、高・大学生・65歳以上800(640)円
※中学生以下は無料 
※( )内は20名以上の団体料金

会場

川崎市岡本太郎美術館

住所

〒214-0032 
神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-5 生田緑地内

お問い合わせ

044-900-9898

アクセス

小田急線向ヶ丘遊園駅南口より徒歩17分

主催

川崎市岡本太郎美術館

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP