岩合光昭写真展
PANTANAL パンタナール
清流がつむぐ動物たちの大湿原

恵比寿駅 | 東京都写真美術館 地下1階展示室
開催期間:2022.06.04〜2022.07.10

岩合光昭は、1986年に『ナショナル・ジオグラフィック』誌の表紙を飾ることになった際、編集者から最も興奮する場所として「パンタナール」という言葉を聞き、いつか訪れたいと願っていました。後年になってようやく念願叶い、2015年から3年半の期間に5回にわたる「パンタナール」撮影取材を決行した岩合は、ジャガーをはじめ、オオカワウソ、パラグアイカイマン、カピバラ、アメリカバク、オオアリクイなど、多種多様な野生動物たちの生態に迫り活写しました。

 

本展覧会では、2メートルを超える大サイズを含む、この取材で撮影された迫力ある100点以上の作品群により、清流がつむぐ生命の輝きを展示いたします。

ネコ写真の作品で世に知られる岩合光昭の真骨頂ともいえる野生動物ドキュメンタリー写真をご覧いただけます。

 

 

※パンタナールとは

南米大陸中央部に位置する世界最大級の熱帯湿地。

大部分はブラジルに広がり、一部はボリビアとパラグアイにまたがります。そのスケールは日本の本州の広さに匹敵し、ブラジル側の大半が「パンタナール保全地域」として世界遺産に登録されています。そして雨季と乾季でドラマチックな変化を見せるこの世界でも希有な大湿原は、多彩な野生動物が息づく世界屈指の生命の宝庫とも呼ばれています。

展覧会名

岩合光昭写真展
PANTANAL パンタナール
清流がつむぐ動物たちの大湿原

会期

2022.06.04〜2022.07.10

開館時間

10:00〜18:00(木・金曜は20:00まで)
※入館は閉館の30分前まで

休館日

毎週月曜日

入場料

一般 800円/学生 640円/中高生・65歳以上 400円 
※小学生以下、都内在住・在学の中学生および障害者手帳をお持ちの方とその介護者(2名様まで)は無料。
※本展はオンラインによる日時指定予約を推奨いたします。

会場

東京都写真美術館 地下1階展示室

住所

〒153-0062
東京都目黒区三田1-13-3
恵比寿ガーデンプレイス内

お問い合わせ

03-3280-0099

アクセス

JR恵比寿駅東口より徒歩約7分
東京メトロ日比谷線恵比寿駅より徒歩約10分

主催

公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP