こどもと楽しむ永青文庫

永青文庫
開催期間:2022.07.30〜2022.09.25

肥後熊54万を治めた細川家から歴代の美術品などを受け継いだ永青文江戸時代り続く下屋敷跡で名家の伝来品を鑑賞できる東京で唯一の美術館です。 

大名というと男性ばかりが注目されますがの家族に女性やこどもが大勢いましたではこどもたちは名家の中でどのように暮らしていたでしょう永青文庫の膨大な所蔵品の中には細川家のこどもの肖像画こども用の小さな能装束写真こどもに関する様々な資料が残されいます本展ではそうしたこども関する作品を導入として藩主所用の甲冑や参勤交代の絵図大名調度などを合わせて展示ることでこどもも分かりやすく大家の暮らしぶりを解説します。 

また夏休みの自由研究のヒンとなるよう小中学生向けの無料ガイドブックを発行します休みに親子で楽しめる展覧会です。 

展覧会名

令和4年度夏季展 こどもと楽しむ永青文庫

会期

2022.07.30〜2022.09.25

開館時間

10:00~16:30 (最終入館は16:00まで) 

休館日

毎週月曜日(ただし9/19 は開館し、9/20 は休館)

入場料

一般1,000円、シニア(70歳以上)800円、大学・高校生500円
※中学生以下、障害者手帳をご提示の方及びその介助者(1名)は無料

会場

永青文庫

住所

〒112-0015
東京都文京区目白台1-1-1

アクセス

・JR目白駅(「目白駅前」バス停)・副都心線雑司が谷駅 出口3(「鬼子母神前」バス停)より、都営バス「白61 新宿駅西口」行きにて「目白台三丁目」下車徒歩5分
・都電荒川線早稲田駅より徒歩10分
・有楽町線江戸川橋駅(出口1a)より徒歩15分
・東西線早稲田駅(出口3a)より徒歩15分

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP