花・Flower・華

―四季を彩る―

山種美術館
開催期間:2019.04.06〜2019.06.02

山種美術館では、春爛漫のこの時期に、四季の花をテーマにした展覧会を開催します。桜、朝顔、菊、椿など、各季節の代表的な花々が描かれた、江戸時代から現代までの作品をご覧いただけます。 江戸時代の琳派の絵師・酒井抱一《月梅図》《菊小禽図》をはじめ、近代・現代を代表する上村松園《桜可里》、小林古径《白華小禽》、山口蓬春《梅雨晴》など、花の絵の優品を春夏秋冬の順に展示いたします。 また、花言葉や花の特徴、作品や花への想いを語った画家の言葉などを交え、花の絵画の魅力をさまざまな視点からご紹介します。描かれた花により満開となった美術館で、百花繚乱の世界をご堪能ください。(文中の作品はすべて山種美術館蔵)

展覧会名

【山種美術館 広尾開館10周年記念特別展】
花・Flower・華 ―四季を彩る―

会期

2019.04.06〜2019.06.02

開館時間

10:00~17:00(※入館は16:30まで)

休館日

毎週月曜日(ただし4月29日、4月30日、5月6日は開館)、5月7日

入場料

当日券:一般1200円、大高生900円、中学生以下無料
前売券:一般1000円、大高生800円、中学生以下無料

会場

山種美術館

住所

東京都渋谷区広尾3-12-36

電話番号

03-5777-8600(ハローダイヤル 電話受付時間:8:00~22:00※年中無休)

アクセス

JR恵比寿駅・東京メトロ日比谷線 恵比寿駅より徒歩約10分

主催

山種美術館、朝日新聞社

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP