サムライ・ダンディズム

東京富士美術館
開催期間:2019.04.02〜2019.06.30

もともとは武器として実用品であった刀は、鑑賞・収集の対象としても珍重されて伝承されてきました。同様に、当初は実用品として江戸時代初期までに誕生していた印籠も、愛玩・贈答品として発達し、武家文化の象徴的なアイテムとなりました。

本展では武士のこだわりを今に伝える刀20振と印籠235点に刀装他を加えた総数約300点を一堂に展示します。

展覧会名

五箇伝の名刀から名家伝世の印籠まで サムライ・ダンディズム 刀と印籠ー武士のこだわり

会期

2019.04.02〜2019.06.30

開館時間

9:00~17:00(※入館は閉館の30分前)

休館日

毎週月曜日(ただし4月29日、5月6日は開館)5月7日は休館

入場料

一般1,300円(1,000円)、大高生800円(700円)、中小生400円(300円)、未就学児無料
(  )内は各種割引料金〔20名以上の団体、65歳以上の方、当館メルマガ登録者ほか〕

会場

東京富士美術館

住所

東京都八王子市谷野町492-1

電話番号

042-691-4511(受付時間 9:30~17:00)

アクセス

JR、京王八王子駅より西東京バスにて「創価大正門東京富士美術館」で下車

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP