ゴッホと静物画―伝統から革新へ

新宿駅 | SOMPO美術館
開催期間:2020.10.06〜2020.12.27

フィンセント・ファン・ゴッホ(1853~1890)は何を学び、何を伝えたのか…。本展覧会は17世紀 オランダから20世紀初頭まで、ヨーロッパの静物画の流れの中にゴッホを位置づけ、ゴッホが先人達から何を学び、それをいかに自らの作品に反映させ、さらに次世代の画家たちにどのような影響をあたえたかを探ります。また本展覧会では「ひまわり」に焦点をあてたコーナーを設け、ゴッホやその他の画家たちによる「ひまわり」を描いた作品を紹介、なぜ彼らがこの主題を描いたかを探ります。

展覧会名

ゴッホと静物画―伝統から革新へ

会期

2020.10.06〜2020.12.27

開館時間

10:00-18:00

休館日

月曜日(ただし、11月23日は開館)

入場料

【日時指定制入場】
8月中旬よりオンラインチケットの販売開始予定
一般 1,800円(1,400円/1,600円)、大学生 1,200円(1,000円/1,000円)
※( )内は前売料金 平日/前売料金 土日祝日
※来館日の前日23:59までにオンラインチケットをご購入いただいた場合は前売料金、以降は当日料金になります。
※高校生以下無料、ただしオンラインチケットの予約が必要です。
※身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳を提示のご本人とその介助者1名は無料。被爆者健康手帳を提示の方はご本人のみ無料。いずれもオンラインチケットの予約が必要です。手帳を入館時にご提示ください。

【オンラインチケット購入方法】
オンラインチケットは事前に展覧会公式サイトよりご購入下さい。

詳しい情報は展覧会公式サイトをご確認ください。

会場

SOMPO美術館

住所

〒160-8338 東京都新宿区西新宿1-26-1

電話番号

03-5777-8600(ハローダイヤル)

アクセス

新宿駅西口より徒歩5分

主催

SOMPO美術館、NHK、NHKプロモーション、日本経済新聞社

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP