窓展:窓をめぐるアートと建築の旅

竹橋駅 | 東京国立近代美術館 企画展ギャラリー(1階)
開催期間:2019.11.01〜2020.02.02

「窓は文明であり、文化である」の思想のもと窓研究所が取り組んできた「窓学」では、建築、文化、芸術など、さまざまな視点から、窓の新たな可能性を探究してきました。視覚表現の分野では、絵画、映像、写真などを対象にした研究がこれまでに行われています。東京国立近代美術館のキュレーションと「窓学」総合監修である建築批評家・五十嵐太郎氏の学術協力による本展は、マティス、クレーをはじめとするモダニズム絵画やカッティングエッジな現代美術から建築や歴史まで、「窓」をテーマにジャンルを横断する、日本初の試みとなる展覧会です。

展覧会名

窓展:窓をめぐるアートと建築の旅

会期

2019.11.01〜2020.02.02

開館時間

10:00-17:00(金・土曜は10:00-20:00)
*入館は閉館30分前まで

休館日

月曜日(ただし、11月4日、1月13日は開館)、11月5日(火)、年末年始(12月28日〜2020年1月1日)、1月14日(火)

入場料

一般 1,200(900)円、大学生 700(500)円
※高校生以下および 18 歳未満、障害者手帳をご提示の方とその付添者(1 名)は無料。
※( )内は 20 名以上の団体料金。いずれも消費税込
※無料観覧日:11月3日(日・祝)文化の日

会場

東京国立近代美術館 企画展ギャラリー(1階)

住所

千代田区北の丸公園3-1

電話番号

03-5777-8600(ハローダイヤル) 

アクセス

東京メトロ東西線「竹橋駅」1b出口より徒歩3分

主催

東京国立近代美術館、一般財団法人 窓研究所

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP