能をめぐる美の世界(仮題)

二子玉川駅 | 静嘉堂文庫美術館
開催期間:2020.10.13〜2020.12.06

日本文化を代表する古典芸能、能楽。江戸時代には武家のみならず、町人の間にも広まり親しまれました。この芸能を謡(言葉)とともに支えているのが、能面です。本展では、越後国新発田藩主溝口家旧蔵の能面コレクションを初公開します。能に関わる工芸品や書籍も展示。能の魅力を幅広くお伝えします。また、明治を代表する彫刻家、加納鉄哉(1845-1925)による伎楽面も登場します。迫力ある木彫面も合わせてお楽しみください。

展覧会名

能をめぐる美の世界
〜初公開・新発田藩主溝口家旧蔵能面コレクション〜(仮題)

会期

2020.10.13〜2020.12.06

開館時間

10:00-16:30

休館日

月曜日(ただし11月23日は開館)、11月24日(火)

入場料

一般1,000円、大高生700円、中学生以下無料
※20名以上の団体は200円割引

会場

静嘉堂文庫美術館

住所

東京都世田谷区岡本2-23-1

電話番号

03-5777-8600(ハローダイヤル)

アクセス

二子玉川駅から
二子玉川駅バスターミナル4番のりばから東急コーチバス「玉30・31・32系統」
「静嘉堂文庫」下車(所要時間は通常8~10分。運行本数1時間に約3本)。
案内標識に沿って徒歩約5分。
成城学園前駅から小田急線成城学園前駅下車、南口バスのりばから二子玉川駅行きバスにて「吉沢」下車。
大蔵通りを北東方向に徒歩約10分。
タクシー
二子玉川駅から美術館入口前まで約10分。タクシー料金約800円。(道路状況により前後)

徒歩
駅から静嘉堂まで徒歩で20~25分。
住宅街を通るので初めての方には少し分かりづらいです。
閉館までの時間にあまり余裕のないときは、バスかタクシーでのご来館をお勧めします。

主催

静嘉堂文庫美術館

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP