三菱創業150周年記念 三菱の至宝展

東京駅 | 三菱一号館美術館
開催期間:2021.06.30〜2021.09.12

三菱を創業し、4代にわたり社長をつとめた岩崎彌太郎、彌之助、久彌、小彌太は文化財に多大な関心を抱き、その収集品は現在、それぞれ静嘉堂と東洋文庫に収蔵されています。その収集の態度は単なる実業家の趣味にとどまらず、社会貢献の色彩を帯びたものでした。

本展では、初代岩崎彌太郎から小彌太に至る、三菱の事業とともにあった社会貢献の歴史をたどりつつ、静嘉堂、東洋文庫の所蔵する国宝12点、重要文化財31点を含む美術工芸品、古典籍などに三菱経済研究所の所蔵品をあわせた貴重な作品群100点余りを展覧します。また、本展は、静嘉堂と東洋文庫の所蔵品が一堂に会する貴重な機会となります。

 

※会期が変更となりました。詳しくは公式サイトをご確認ください。

※展示替えあり

展覧会名

三菱創業150周年記念 三菱の至宝展

会期

2021.06.30〜2021.09.12

開館時間

10:00〜18:00
※入館は閉館の30分前まで
※祝日を除く金曜、第2水曜は21:00まで)

休館日

月曜休館(但し、祝日の場合は開館)

入場料

一般 : 1,700円、高校・大学生 : 1,000円、小・中学生 : 500円
※障がい者手帳をお持ちの方は半額、付添の方1名まで無料

【前売券】
一般のみ : 1,500円
※ペア券はチケットぴあでのみ販売します。
※大学生以下、ペア(一般)は前売券の設定はありません。

会場

三菱一号館美術館

住所

東京都千代田区丸の内2-6-2

電話番号

050-5541-8600(ハローダイヤル)

アクセス

JR「東京」駅(丸の内南口)徒歩5分
JR「有楽町」駅(国際フォーラム口)徒歩6分
東京メトロ千代田線「二重橋前〈丸の内〉」駅(1番出口)徒歩3分
東京メトロ有楽町線「有楽町」駅(D3/D5出口)徒歩6分
都営三田線「日比谷」駅(B7出口)徒歩3分
東京メトロ丸ノ内線「東京」駅(改札口・地下道直結)徒歩6分

主催

三菱一号館美術館(三菱地所株式会社)、公益財団法人静嘉堂、公益財団法人東洋文庫

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP