高瀬きぼりお 絵画展 【キャンバスを絵の具で塗りました。】

自由が丘駅 | DIGINNER GALLERY WORKSHOP
開催期間:2019.11.09〜2019.11.17

四角いキャンバスを変形させたシェイプド・キャンバスは、かつてモダンアートが辿った王道である。 しかし、きぼりおはイメージに近づける為に意図して変形という操作を加えるのでなく、 木枠という矩形自体に疑問を持ち、それを変形させることで偶然成り立つ物体としての存在に着目する。 存続性などを無視したキャンバスは、異形の支持体へと変わるが、それを物質として存在させるため きぼりおが筆を加えるのである。

+

絵を描いていると言えるかもしれないし、特に筆で絵の具を付けることを塗るという事もある。 連続するものごと自体は認識できないけれど、文節をうまく並べると、何か意味のようなものがある ように感じられるのかもしれない。なので、絵を描いている時に何が起きているのかを知りたい。 (きぼりお談)

展覧会名

高瀬きぼりお 絵画展【キャンバスを絵の具で塗りました。】

会期

2019.11.09〜2019.11.17

開館時間

12:00 ~ 20:00(最終日17:00まで)

休館日

月曜日

入場料

無料

会場

DIGINNER GALLERY WORKSHOP

住所

〒152-0035 東京都目黒区自由が丘1-11-2

電話番号

03-6421-1517

アクセス

東急東横線自由が丘駅 北口より徒歩1分

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP