ルオーと日本展

新橋駅 | パナソニック汐留美術館
開催期間:2020.05.09~2020.06.23 開催終了

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、本展覧会の開幕日が「5月9日(土)」を変更されました。詳細については、美術館公式サイトをご確認ください。

 

ジョルジュ・ルオー(1871-1958)は、生前より日本の芸術家や批評家に評価され、その作品は現代日本においてもなお人々を惹きつけてやみません。本展では、ルオーが日本でこれほど評価され愛好されてきた背景を、1920年頃から現代までの受容の軌跡を探り、日本におけるルオーの位置づけを考えます。国内外に所蔵される日本にゆかりのあるルオーの作品や同時代から現代までの日本の芸術家の作品を通して、ルオーと日本人の交流、梅原龍三郎や松本竣介など近代日本洋画の巨匠への影響、そしてルオーと日本の芸術の共鳴を紹介します。

展覧会名

ルオーと日本展
響きあう芸術と魂ー交流の100年

会期

2020.05.09~2020.06.23 開催終了

開館時間

10:00〜18:00
※入館は閉館の30分前まで

休館日

水曜日

入場料

一般 1,000円、65歳以上 900円、大学生 700円、中・高校生 500円、小学生以下無料
※5月18日(月)国際博物館の日はすべての方が無料です。

会場

パナソニック汐留美術館

住所

東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4階

電話番号

03-5777-8600[NTTハローダイヤル]

アクセス

JR「新橋」駅より徒歩約8分、東京メトロ銀座線・
都営浅草線・ゆりかもめ「新橋」駅より徒歩約6分、
都営大江戸線「汐留」駅より徒歩約5分

主催

パナソニック汐留美術館、NHKプロモーション、東京新聞

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP