特別展 アカルイ カテイ

広島市現代美術館
開催期間:2019.12.21〜2020.03.01

現代の日本社会において、家庭や家族は様々な問題を抱えています。家庭の崩壊や格差、少子化などを報じるニュースは、日々絶えることがありません。その一方で、「家族」 や「家庭」といった概念が日本で一般化したのは明治時代であることや、「ファミリー (family)」という言葉の語源がラテン語の「召使い(famulus)」であることなどは、 あまり知られていないかもしれません。

 

この展覧会では、「家族」や「家庭」の成り立ちを紐解きながら、11人の美術作家の作品を通して、その多様なかたちを紹介し、これからの可能性を探ってみます。

 

出品作家

出光真子、植本一子、潮田登久子、江上茂雄、桂ゆき、川村麻純、小西紀行、佐々瞬、
ひろいのぶこ、森正洋(白山陶器)、和田千秋 + 愛語

 

展覧会名

特別展 アカルイ カテイ

会期

2019.12.21〜2020.03.01

開館時間

10:00〜17:00(入館は閉館の30分前まで)

休館日

月曜日(1/13、2/24は開館)、12月27日(金)〜1月1日(水・祝)、1月14日(火)、2月25日(火)

入場料

一般1,200円(1,000円)、大学生900円(700円)、高校生・65歳以上600円(500円)、中学生以下無料
※( )内は前売りおよび30名以上の団体料金

会場

広島市現代美術館

住所

〒732-0815 広島県広島市南区比治山公園1-1

電話番号

082-264-1121

アクセス

【広島駅から】
・路面電車 5番「広島港」行き→「比治山下」下車、約500m
・バス (1)「旭町」行き 広島バス(26-1番系統) B-7番のりば(2)「県病院」行き 広島バス(31番系統) B-7番のりば(3)「大学病院」行き 広電バス(5-1番系統) A-5番のりば→ 「段原中央」下車、動く歩道「比治山スカイウォーク」経由約700m
・タクシー 約10分

【紙屋町から】
・バス 紙屋町(県庁前)バス停「大学病院」行き(比治山トンネル経由) 広島バス(23-1番系統)
→ 「段原中央」下車、動く歩道「比治山スカイウォーク」経由約550m

【八丁堀から】
・バス 八丁堀(ヤマダ電機前)バス停「大学病院」行き(比治山トンネル経由) 広島バス(23-1番系統)
→ 「段原中央」下車、動く歩道「比治山スカイウォーク」経由約550m

主催

広島市現代美術館、中国新聞社

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP