婦人画報創刊115周年記念特別展
「婦人画報」と「京都」
つなぎ、つたえる「人」と「家」

京都駅 | 美術館「えき」KYOTO
開催期間:2020.01.02〜2020.01.20

明治38(1905)年より115年の間、戦時中も一度も休刊することなく発行されてきた「婦人画報」。

創刊以来、「婦人画報」がとりわけ大切にし、誌面でご紹介し続けてきたのが、茶道、華道、工芸、芸能などの「美しい日本」を受け継ぎ、伝え続けてきた、京都の「人」と「家」です。

 

本展では、京都の13家より、その「人」が手掛けた作品や、「家の」に伝わる宝物など、約80点を当時の取材記事と共に展示します。また、美術館エントランスでは、代表的な歴代の表紙をご紹介します。
アール・ヌヴォー調、日本画風、大正モダンの愛らしい絵、やがて大家となる画家の若かりし頃の作品、大女優の艶やかなポートレートなど、懐かしい表紙をお楽しみいただけます。

 

展覧会名

婦人画報創刊115周年記念特別展 
「婦人画報」と「京都」 
つなぎ、つたえる「人」と「家」

会期

2020.01.02〜2020.01.20

開館時間

10:00〜20:00
※但し、百貨店の営業時間に準じ、変更になる場合がございます。

休館日

会期中無休

入場料

一般 900円(700円)、高・大学生700円(500円)、小・中学生500円(300円)
※(  )内は前売および「障害者手帳」をご提示のご本人さまとご同伴者さま1名さまの料金。

会場

美術館「えき」KYOTO

住所

〒600-8555
京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
ジェイアール京都伊勢丹7階隣接

電話番号

075-352-1111(ジェイアール京都伊勢丹大代表)

アクセス

JR、近鉄、京都市営地下鉄烏丸線「京都駅」下車すぐ

主催

美術館「えき」KYOTO、ハースト婦人画報社、京都新聞

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP