祈りの聖地・エルサレム-中野晴生写真展-

池袋駅 | 古代オリエント博物館
開催期間:2019.12.07〜2020.01.13

中東イスラエル(/パレスチナ)のエルサレム旧市街は、キリスト教・ユダヤ教・イスラム教の三大宗教、まさに「祈りの聖地」であります。

 

かつてキリスト教徒にとっては世界の中心であり、ユダヤ教徒にとっては神が下りてくる唯一のよりしろ『エルサレム神殿』があった場所であり、ムスリムにとっては預言者ムハンマドがお告げを聞くために、ここから昇天したとされる、天とつながる場所でありました。

 

伊勢神宮や日本各地の神社など、「聖地」をテーマとしてきた写真家・中野晴生が、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教の聖地であるエルサレムなどで撮影した写真を、パネルで展示します。

展覧会名

祈りの聖地・エルサレム-中野晴生写真展-

会期

2019.12.07〜2020.01.13

開館時間

10:00~17:00(最終入場は16:30まで)
※12月20日(金)はナイト講座開催のため午後8時まで開館時間延長

休館日

2019年12月26日(木)~2020年1月3日(金)は年末年始休館

入場料

一般 600円、大高生 500円、中小生 200円
(20名以上の団体割引、障害者割引あり)
(小・中・高校生は土・日曜日は無料)
※ 入場料は常設展と共通となっております。

会場

古代オリエント博物館

住所

〒170-8630
東京都豊島区東池袋3-1-4
サンシャインシティ文化会館7階

電話番号

03-3989-3491

アクセス

JR池袋駅 東口より 徒歩13分
東京メトロ有楽町線東池袋駅 6・7番出口より 徒歩6分

主催

古代オリエント博物館、東京新聞、奈良県立橿原考古学研究所附属博物館

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP