特別展 建築と社会の年代記 ー竹中工務店400年の歩みー

神戸市立博物館
開催期間:2020.01.11〜2020.03.01

明治32年(1899)、工匠の竹中藤右衛門が、神戸の地に竹中工務店を創立しました。竹中家と建築の関わりは、今から400年以上前、織田信長の普請奉行を務めた竹中藤兵衛正高にまで遡ることができるといいます。以来、竹中家、そして竹中工務店は、現在に至るまで多くの建築を施 工して、人々の暮らしと文化を支えてきました。

 

本展では、竹中工務店と、その前身である工匠時代の竹中家が手がけた多様な建築を、建築と人間との関わり方という視点で8つの「かたち」に分類して紹介します。古文書、写真、模型、図面、映像など竹中工務店が 所蔵する豊富な建築関係資料と、その建築に関する歴史資料、美術資料を組み合わせて、建築の 特徴と、人々と社会による受容のあり方を検証し、時を超えて受け継がれてきた建築の多様な魅 力を感じていただけるような構成としています。

展覧会名

特別展 建築と社会の年代記 ー竹中工務店400年の歩みー

会期

2020.01.11〜2020.03.01

開館時間

10:00〜17:00(入館は閉館の30分前まで)

休館日

月曜日(ただし、1/13、2/24は開館)、1/14(火)、2/25(火)

入場料

一般 1,000円(800円)、大学生 500円(400円)、高校生以下無料
※( )内は前売および20名以上の団体料金

会場

神戸市立博物館

住所

〒650-0034 兵庫県神戸市中央区京町24番地

電話番号

078-391-0035

アクセス

・ JR「三ノ宮」、阪急/阪神「神戸三宮」
 ポートライナー/地下鉄(西神・山手線)「三宮」から南西へ徒歩約10分
・ JR/阪神「元町」から南東へ徒歩約10分
・地下鉄(海岸線)「旧居留地・大丸前」から南東へ徒歩約8分
・ 新幹線「新神戸」から地下鉄(西神・山手線)に乗換え、「三宮」下車
・神戸空港からポートライナーで「三宮」下車

主催

神戸市立博物館、神戸新聞社、朝日新聞社

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP