ユネスコ無形文化遺産 特別展
体感!日本の伝統芸能
―歌舞伎・文楽・能楽・雅楽・組踊の世界―

東京国立博物館 表慶館
開催期間:2020.03.10〜2020.05.24

本展は、東京2020オリンピック・パラリンピックを契機として政府が推進する「日本博」及び「日本美を守り伝える『紡ぐプロジェクト』」の一環として開催するもので、2020年の「日本博」オープニング・セレモ ニーに連なる大型企画として開催される展覧会です。日本博の総合テーマ「日本人と自然」に沿い、ユネスコ 無形文化遺産である日本の伝統芸能「歌舞伎」「文楽」「能楽」「雅楽」「組踊」を通じて「日本の美」に迫ります。

 

展示室内には各芸能舞台を再現し、伝統芸能ならではの臨場感を演出します。また、プロの実演家によるデモンストレーションを定期的に行う舞台もあります。さらには、国立劇場などの貴重な公演映像も上映。実際の 公演で使用された衣裳・装束・楽器・小道具等の展示、来館者が歌舞伎役者になりきれるインタラクティブ展示、 実演家や舞台を支える職人によるトーク、ワークショップなどを展開し、訪日外国人や若年層を含め、これまで 伝統芸能に馴染みのなかった誰もが伝統芸能を「見て・聞いて・触れて」楽しむことのできるプログラムを提供 します。

 

ユネスコ無形文化遺産に登録された5つの芸能を一度に「体感」できる、史上初の展覧会です。

展覧会名

ユネスコ無形文化遺産 特別展
体感!日本の伝統芸能
―歌舞伎・文楽・能楽・雅楽・組踊の世界―

会期

2020.03.10〜2020.05.24

開館時間

9:30~17:00、金曜・土曜は21:00まで(入館は閉館の30分前まで)

休館日

月曜日(ただし、3/30、5/4は開館)

会場

東京国立博物館 表慶館

住所

東京都台東区上野公園13-9

電話番号

03-5777-8600(ハローダイヤル)

アクセス

JR上野駅(公園口)、鶯谷駅(南口)下車徒歩10分

主催

文化庁、独立行政法人日本芸術文化振興会、東京国立博物館、文化財活用センター、読売新聞社

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP