もうひとつの歌川派?!
国芳・芳年・年英・英朋・朋世~浮世絵から挿絵へ……歌川派を継承した誇り高き絵師たち

根津駅 | 弥生美術館

開催期間:2020.01.07〜2020.03.29

歌川豊春から始まる浮世絵界最大の派閥を「歌川派」といいます。豊春から豊国へ、そして国芳から芳年へと枝分かれし、さらに年方→清方→深水へと続く華やかな系譜がよく知られています。しかし、この他にも優れた歌川派の系譜が存在するのです!それが年英→英朋→朋世の系譜です。明治・大正・昭和の時代にそれぞれ活躍し、絶大な人気を得た彼らの類まれなる才能は、このまま忘れ去られるにはあまりに惜しいものがあります。市井の人々の支持を得て町絵師として生きた国芳や芳年の気骨は、むしろ、年英、英朋、朋世にこそ、脈々と受け継がれていったと言えるでしょう。

 

浮世絵から挿絵へ……歌川派を継承しているという誇りを胸に掲げ、挿絵の世界で大きく羽ばたきながらも、時の流れに埋もれてしまった絵師たち。知られざる「もうひとつの歌川派」が今、鮮やかに甦ります。

 

また、本展では、生誕140年を迎える鰭崎英朋(ひれざき・えいほう)の幻の日本画「焼あと」(明治38年烏合会出品作)も初公開いたします。

展覧会名

もうひとつの歌川派?! 
国芳・芳年・年英・英朋・朋世~浮世絵から挿絵へ……歌川派を継承した誇り高き絵師たち

会期

2020.01.07〜2020.03.29

開館時間

10:00〜17:00
※入館は閉館の30分前まで

休館日

月曜休館 ※ただし、1/13、2/24(月祝)開館、1/14、2/25(火)休館

入場料

一 般 900 円/大・高生 800 円/中・小生 400 円
※竹久夢二美術館と二館併せてご覧頂けます。
※高畠華宵の常設ルームもご覧いただけます。

会場

弥生美術館

住所

〒113-0032 
東京都文京区弥生2-4-3

電話番号

03(3812)0012

アクセス

■電車でお越しの方
・地下鉄千代田線「根津駅」1番出口より徒歩7分
・地下鉄南北線「東大前駅」1番出口より徒歩7分
・JR「上野駅」公園口より徒歩25分

■バスでお越しの方
・都営バス(学07)「御茶ノ水駅前―東大構内」で、終点「東大構内」下車徒歩2分
・都営バス(上60)「上野公園―大塚駅(池袋駅東口)」で、「弥生2丁目」下車徒歩3分
・都営バス(上58)「上野松坂屋―早稲田リーガロイヤルホテル」で、「根津駅」下車徒歩7分

※駐車場はございませんので公共機関の交通でお越しください。

主催

弥生美術館

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP