創刊 65 周年記念『なかよし』展
~乙女には恋と夢(ファンタジー)が必要だ☆~

根津駅 | 弥生美術館

開催期間:2019.10.04〜2019.12.25

現存するマンガ雑誌の中で最も長い歴史を持つ『なかよし』(講談社)は、1954(昭和 29)年 12 月に創刊号が発売されました。創刊当初は手塚治虫が目玉となって活躍し、「リボンの騎士」などの作品が雑誌を牽引しました。その後 1970 年代に「地獄でメスが光る」「おはよう!スパンク」、 1980年代に「妖鬼妃伝」「なな色マジック」「きんぎょ注意報!」「ミンミン!」、1990 年代には「ミラクル☆ガールズ」「美少女戦士セーラームーン」「あずきちゃん」「魔法騎士レイアース」「カードキャプターさくら」の他、様々な人気作品を掲載。1993 年 9 月号の発行部数は過去最高の 200 万部を超えました。 魔法、変身、冒険、友情、恋愛、そしてオカルト&サスペンス…ドラマチックな作品の数々は、 少女たちを夢中にさせました。

 

創刊からの歴史を紹介しながら、長く愛され続ける『なかよし』の魅力をご紹介致します。

展覧会名

創刊 65 周年記念『なかよし』展
~乙女には恋と夢(ファンタジー)が必要だ☆~

会期

2019.10.04〜2019.12.25

開館時間

10:00〜17:00
※入館は閉館の30分前まで

休館日

月曜休館 ※ただし 10/14、11/4開館、翌10/15、11/5休館

入場料

一 般 900 円/大・高生 800 円/中・小生 400 円
※竹久夢二美術館と二館併せてご覧頂けます。
※高畠華宵の常設ルームもご覧いただけます。

会場

弥生美術館

住所

〒113-0032 
東京都文京区弥生2-4-3

電話番号

03(3812)0012

アクセス

■電車でお越しの方
・地下鉄千代田線「根津駅」1番出口より徒歩7分
・地下鉄南北線「東大前駅」1番出口より徒歩7分
・JR「上野駅」公園口より徒歩25分

■バスでお越しの方
・都営バス(学07)「御茶ノ水駅前―東大構内」で、終点「東大構内」下車徒歩2分
・都営バス(上60)「上野公園―大塚駅(池袋駅東口)」で、「弥生2丁目」下車徒歩3分
・都営バス(上58)「上野松坂屋―早稲田リーガロイヤルホテル」で、「根津駅」下車徒歩7分

※駐車場はございませんので公共機関の交通でお越しください。

主催

弥生美術館

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP