巨大映像で迫る 北斎・広重・宗達・光琳
〜浮世絵と金屏風の世界〜

大手町駅 | 大手町三井ホール
開催期間:2020.07.17〜2020.08.31

日本が世界中から暑い視線を浴びる2020年夏。
桃山時代から江戸時代の歴史的美術作品が、超高精細デジタルアートとして蘇ります。
浮世絵では葛飾北斎の「冨嶽三十六景」と歌川広重の「東海道五十三次」、金屏風では俵屋宗達の「風神雷神図屏風」や尾形光琳の「菊図屏風」など、その最高傑作を巨大スクリーンで一挙公開します。
先進デジタル映像と高輝度4Kプロジェクター8台で映し出す巨大空間で、浮世絵は、20億画素で和紙の繊維一本一本の微細な質感や彫師、摺師の匠の技を精巧に表現。金屏風は、金箔をはじめ、切箔、金砂子、金泥など、素材や表現の違いまでも再現し、肉眼を超える映像鑑賞体験をお届けします。

展覧会名

巨大映像で迫る 北斎・広重・宗達・光琳
〜浮世絵と金屏風の世界〜

会期

2020.07.17〜2020.08.31

開館時間

10:00〜20:00
※入館は閉館の30分前まで

休館日

会期中無休

入場料

一般:当日2000円(前売り/団体1800円) 高校・大学生:当日1500円(前売り/団体1300円)
小・中学生:当日1000円(前売り/団体900円) ※団体20名以上
※未就学児及び満70歳以上の方、障がい者の方(付添者は原則1名まで)は無料

会場

大手町三井ホール

住所

〒100-0004
東京都千代田区大手町1-2-1
Otemachi One 3F

アクセス

東京メトロ千代田線「大手町駅」C4出口直結

主催

フジアール、フジテレビジョン、BSフジ、ニッポン放送

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP