特別展「先住民の宝」

万博記念公園駅 | 国立民族学博物館
開催期間:2020.10.01〜2020.12.15

世界には、現在70カ国以上の国々に、約3億7,000万人の先住民が暮らしており、その民族の数は少なくとも5,000と言われています。本特別展でいう宝とは、圧政や差別に苦しみながらも、日々を力強く、そして希望を失わず生きてきた彼らにとっての心の拠り所であり、民族としての誇りでもあります。先住民の思いをのせた約740点におよぶ展示品とともに、先住民の世界を紹介します。

展覧会名

特別展「先住民の宝」

会期

2020.10.01〜2020.12.15

開館時間

10:00~17:00(入館は16:30まで)

休館日

水曜日

入場料

一般880円(600円)、大学生450円(250円)、高校生以下無料
※本館展示もご覧になれます
※( )内は20名以上の団体料金、大学等の授業でご利用の方、3ヶ月以内のリピーター、満65歳以上の方の割引料金(要証明書等)

会場

国立民族学博物館

住所

〒565-8511
大阪府吹田市千里万博公園10-1

電話番号

06-6876-2151

アクセス

・大阪モノレール「万博記念公園駅」。「公園東口駅」下車徒歩約15分
・バス 阪急茨木市駅・JR茨木駅から「日本庭園前」下車徒歩約13分
・乗用車 万博記念公園「日本庭園前駐車場」(有料)から徒歩約5分

●みんぱく無料シャトルバス
会期中の土・日・祝にみんぱく無料バスを大阪モノレール「万博記念公園駅」とみんぱくの間で運行します。
運休日:平日、4/25、4/26、4/29、5/2
※平日は運行していません
※万博記念公園でイベント開催の場合は臨時で運休することがあります。博物館公式サイトをご確認ください。

主催

国立民族学博物館

『ゴールデンカムイ』原画展示

『ゴールデンカムイ」(原作:野田サトル)珠玉のデジタル原画とともに、作品にも登場するアイヌの民具を展示します。

『ゴールデンカムイ』

明治後期の北海道を舞台に、日露戦争の帰還兵・杉元佐一とアイヌの少女・アシパが伝説の金塊を求め、陸軍第七師団や新撰組の残党らと激しい争いを繰り広げる冒険活劇。
『週刊ヤングジャンプ』(集英社)で好評連載中、2018年にはアニメ化され第一期、第二期がオンエア、第三期の製作も決定した人気作です。

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP