これからメイセン −銘仙の源泉と変遷-

表参道駅 | スパイラルガーデン(スパイラル1F)
開催期間:2020.03.24〜2020.04.05

大正から昭和初期にかけて、女性の日常着として一世を風靡した銘仙(めいせん)は日本人の洋装化などにより時代とともにその姿を消していきますが、近年その中心的産地であった伊勢崎では当時の技術とスピリットを、現代によみがえらせる取り組みが行われています。本展では東京造形大学と下城株式会社(群馬県伊勢崎市 / 代表取締役 下城郁雄)による産学連携プロジェクトで制作された「これからメイセン」を、そのルーツにあたる当時の銘仙着物のコレクション、一度は失われた技術を2016年に奇跡的に復活させた「21世紀銘仙」とともにご紹介します。
手仕事によって生み出された銘仙、ハイテク化され新しい形で引き継がれるメイセン。時代とともに変化しながら、いつも人々を魅了してやまない銘仙の華麗でポップな世界をお楽しみください。

 

 

展覧会名

これからメイセン −銘仙の源泉と変遷-

会期

2020.03.24〜2020.04.05

開館時間

11:00〜20:00

入場料

無料

会場

スパイラルガーデン(スパイラル1F)

住所

〒107-0062 東京都港区南⻘⼭5-6-23

主催

東京造形大学

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP