ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター

京都駅 | 美術館「えき」KYOTO
開催期間:2021.02.13〜2021.03.28

アメリカ・ペンシルバニア州に生まれたソール・ライター(1923-2013)は、1950年代からニューヨーで第一線のファッション・フォトグラファーとして活躍していましたが、1981年、5番街にあったスタジオを閉鎖し、表舞台から姿を消しました。名声を得、多忙な日々を過ごしていたソール・ライターは、ありのまま、思いのままに生きる日常を選んだのです

2006年、ドイツのシュタイデル社から出版された初の写真『Early Color』が大きな反響を呼び、各国で次々に展覧会が開催。すでにこの時80歳を超えていたソール・ライターは再び脚光を浴びることになりました。天性の色彩感覚によって「カラー写真のパイオニア」と呼ばれた個性と才能は、彼が亡くなった今も生き続けています。

 

本展では、2014年に創設されたソール・ライター財団の膨大な作品資料のアーカイブから、選び抜かれた作品を展覧します。

 

※会期が変更になりました。詳細は公式サイトをご確認ください。

展覧会名

ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター

会期

2021.02.13〜2021.03.28

開館時間

10:00〜20:00
※但し、百貨店の営業時間に準じ、変更になる場合がございます。

休館日

会期中無休

入場料

未定

会場

美術館「えき」KYOTO

住所

〒600-8555
京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
ジェイアール京都伊勢丹7階隣接

電話番号

075-352-1111(ジェイアール京都伊勢丹大代表)

アクセス

JR、近鉄、京都市営地下鉄烏丸線「京都駅」下車すぐ

主催

美術館「えき」 KYOTO 、読売新聞社

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP