月岡芳年 血と妖艶

明治神宮前駅 | 太田記念美術館
開催期間:2020.08.01~2020.10.04 開催終了

月岡芳年(1839~92)は、幕末から明治時代前半にかけて活躍した浮世絵師です。当時も大変な人気を誇っていましたが、その迫力あふれる構図や鋭い筆遣いは、現在の私たちが見ても決して色あせていません。本展覧会では、「血」「妖艶」「闇」という3つの妖しいキーワードから、月岡芳年の魅力を掘り下げます。展示点数は約150点。前期と後期に分け、全点展示替えをいたします。

 

★前後期で全点展示替えあり

前期 8月1日(土)~8月30日(日)
後期 9月4日(金)~10月4日(日)
※会期変更となりました。詳しくは公式サイトをご確認ください。

展覧会名

月岡芳年 血と妖艶

会期

2020.08.01~2020.10.04 開催終了

開館時間

10:30〜17:30
※入館は閉館の30分前まで

休館日

8月3日、11日、17日、24日、31日、9月1日~3日、7日、14日、23日、28日

入場料

一般 800円、大高生 600円、中学生以下無料
※新型コロナウイルス感染症の感染予防と拡大防止のため、当面の間は10名以上の団体でのご来館はご遠慮ください。

会場

太田記念美術館

住所

〒150-0001 
東京都渋谷区神宮前1-10-10

電話番号

050-5541-8600(ハローダイヤル)

アクセス

JR山手線:原宿駅表参道口より徒歩5分 (表参道を青山方向へ進みソフトバンクの先の路地を左折)
東京メトロ千代田線/副都心線:明治神宮前駅5番出口より徒歩3分 (表参道を原宿駅方向へ進み千疋屋の先の路地を右折)

主催

太田記念美術館

この記事をシェアする
展覧会一覧に戻る
TOP