NULL クロネコヤマトミュージアムの白鳥館長に、歴史館オープンまでの裏話を聞いてみた!(2/4)/Be-dan | OBIKAKE(おびかけ)

Be-dan

クロネコヤマトミュージアムの白鳥館長に、歴史館オープンまでの裏話を聞いてみた!(2/4)

2020.9.14

今月のBe-danは、「ヤマトグループ歴史館 クロネコヤマトミュージアム」(以下、歴史館)の館長・白鳥美紀さんにインタビュー!

 

この夏オープンしたばかりのクロネコヤマトミュージアム。

第1回では、白鳥館長とアテンダントの下平さんから、展示の見どころについて教えていただきました。

続く第2回では、白鳥館長に歴史館がオープンするまでのお話をたっぷりお聞きします!

 

ヤマトグループ歴史館 クロネコヤマトミュージアム館長 白鳥美紀さん ※撮影のため、マスクを一時的に外してもらいました。

 

―こちらのミュージアムは、なぜ「歴史館」というお名前なのですか?

 

ヤマトグループは、1919年に東京の銀座で創業し、2019年に100周年を迎えました。この歴史館は、100周記念年事業のひとつとして開設されたんです。

お客様と歩んできたヤマトグループの歴史を紹介しているので、「歴史館」としました。会社の歴史を物語るものを展示しています。

 

―「100周年記念事業でミュージアムを作ろう!」となったときのことをお聞かせください。

 

私は2012年から、100周年記念事業の担当になりました。まず最初にしたことは、100周年にどんなことをするのか事業の全体構想を考えることでした。

その中の事業案のひとつが「史料館設立」です。「企業アーカイヴ」の活用の場として歴史館を作るという計画でした。

 

 

―100年も歴史があると、集める史料もすごい数になったのでは?

 

歴史館がオープンした現在も、アーカイヴ事業は続いています。史料が多く、整理に時間がかかっていますが、簡単に検索・閲覧が可能なアーカイブシステムを構築したことで、土台は作れたと思います。

展示物の中には、社史などの取材をきっかけに、元社員の方から譲っていただいたものもあります。当時の社員が使っていた物はとても貴重ですので、私たちがしっかり残していくことは大切だと考えています。

 

―残していくのって、難しいですよね。

 

他の人が捨てようとしたものに「待った!」をかけることもありました。データ化したものもありますが、将来、実物も必要になるかもしれないので。

史料を集めっぱなしにせず、きちんと活用して、将来に残していく……それが私の使命だと思っています。

 

「宅急便のご案内」 基本方針や商品概要などが記されたマニュアル

 

―歴史館設立にあたって、いろいろな博物館や美術館を回られましたか?

 

だいたい60館くらい回りました。印象に残っているのは、神戸にある竹中大工道具館です。特にOB社員の再現コーナーで、当時の肉声を再現しているところは臨場感がありました。あとは、松下幸之助歴史館など、企業系ミュージアムはやはり勉強になりました。

 

 

さまざまなミュージアムを巡り、それを参考に私たちのチーム……大日本印刷さん乃村工藝社さんとの3社一丸となって歴史館を作り上げました。

 

―オープン直前で新型コロナウイルス感染症が発生しましたが、影響はありましたか?

 

今年の4月オープンを目標にしていましたが、コロナ発生後は政府や東京都の動きをふまえて、開館を見合わせていました。

社員は原則在宅勤務となって、その間は開館するのに必要な対策や運営準備を進めていました。博物館協会のガイドラインや他施設の状況を参考にして、あらゆる感染症拡大防止策を講じたうえで、ようやくこの7月にオープンできました。

 

ミュージアムができるまでの裏話がお聞きでき、知らないことが多かったのでとても貴重な体験でした!

第3回では、白鳥館長の今までのお仕事についてお聞きしてきます。次回のBe-danもお楽しみに!

(第3回につづく)

 

information

館名:ヤマトグループ歴史館 クロネコヤマトミュージアム

住所:〒108-0075 東京都港区港南2丁目13-26 ヤマト港南ビル6F

開館時間:10:00~17:00(入場は閉館の30分前まで)

休館日:月曜日(祝日の場合は開館、翌営業日は休館日)・年末年始・お盆

料金:無料(予約なしの自由見学)

※10名以上の団体は、電話にて予約が必要

公式サイト:https://www.yamato-hd.co.jp/museum/

※感染症対策が実施されています。来館前に必ず歴史館公式サイトをご確認ください。

 

 

★他のインタビュー記事を読む

彫刻家・瀬戸優さん

第1回第2回第3回第4回

3331 Arts Chiyoda ジェネラルマネージャー宍戸遊美さん

第1回第2回第3回第4回

 

 

その他のインタビュー記事はコチラ

 

 

OBIKAKEをフォローする

Editor | 静居 絵里菜

OBIKAKE編集部所属。

 

Writer | ニシ

美術と日本文化に癒しを求めるライター。記事とシナリオの間で反復横跳びしながら、何らかの文章を日々生産している。 

この記事をシェアする
一覧に戻る
TOP