NULL 五島一浩「画家の不在」展/ニュース | OBIKAKE(おびかけ)

展覧会レポート ニュース

五島一浩「画家の不在」展/ニュース

2020.11.9

映像作家、五島一浩の初の大規模個展!

独自の手法で「見ること」を紹介します

 

アーツ千代田 3331で、「五島一浩「画家の不在」展」が開催中です。

 

五島一浩「画家の不在」展 展示風景より

 

五島一浩(ごしま かずひろ)は、独自手法の映像作品や映画原理の解体など、「視覚」を再提示する作品を制作し、イメージフォーラム・フェスティバル、アルスエレクトロニカ、文化庁メディア芸術祭などで多くの賞を受賞するアーティストです。

 

本展は、インスタレーション作品「画家の不在」を通して、「見ること」について紹介するユニークな展覧会です。

 

ここでは、本作の見どころを紹介していきます!

 

インスタレーション作品「画家の不在」

 

こちらは、失踪した画家のアトリエをモチーフにしています。

中央にはデッサン人形、周囲には大小さまざまなな凸レンズが浮かんでいる、神秘的な空間です。

 

五島一浩「画家の不在」展 展示風景より

 

壁に並ぶ、空白のキャンバスにデッサン人形が映り込んでいます。

一見すると、プロジェクターで映し出されたように見えますが・・・

実は、浮かんでいるレンズによって映し出されています!

 

五島一浩「画家の不在」展 展示風景より

 

さらに、展示室中央に用意された椅子に座ると、映し出される絵画のモデルになることもできます!

 

五島一浩「画家の不在」展 展示風景より

 

こちらは「写真館」をモチーフにしているそう!

先ほどの「アトリエ」と同じように、大小さまざまな凸レンズが並んでいます。

 

モデルとして椅子に座る場合は、光を反射する白など薄い色の服がオススメ!

よりキレイに自分の像が映し出されますよ♪

 

虫眼鏡ポイントをさがそう!

 

入場前に受付で渡される虫眼鏡を使って、自分でも「像」を作ることができます。

 

 

ぜひこちらもお試しください♪

 

 

私たちが普段、日常的に行っている「見ること」をとらえ直すきっかけとなる本展。

展示室内は写真撮影OKです。ハッシュタグ「#画家の不在」を付けて、SNSに投稿してみてはいかがでしょうか?

 

 

Information

展覧会名:五島一浩「画家の不在」展

会場:アーツ千代田 3331 1Fメインギャラリー

会期:2020.11.06〜11.15

開館時間:11:00-19:00(最終日は16:00まで)

入場料:無料

展覧会詳細ページ:https://obikake.com/exhibition/13710/

公式サイト:http://www.goshiman.com/hp/2020exh_j.html

OBIKAKEをフォローする

Editor  静居 絵里菜

【編集後記】

会期は11月15日まで! 「物を見る」ということについて、深く考えさせられる展示でした。ぜひお見逃しなく。

この記事をシェアする
一覧に戻る
TOP