array(1) { [0]=> int(11364) } 千葉正也個展/展覧会レポート | OBIKAKE(おびかけ)

展覧会レポート

千葉正也個展

2021.1.28

国内外で活躍するアーティストの個展

東京オペラシティでエキサイティングな鑑賞体験を

 

東京オペラシティ アートギャラリーにて「千葉正也個展」が開催中です。

 

東京オペラシティ アートギャラリー「千葉正也個展」/展覧会レポート

展示風景

 

千葉正也(1980- )は、国内外の美術館で作品が収蔵されるなど、世界中で注目を集めるアーティストです。

 

本展では、彼が注目を集めるきっかけとなった《平和な村》(2006年、高橋龍太郎コレクション蔵)をはじめ、2006年以降の彼の代表作が一堂に会します。

また、ユニークなドローイング作品や、新作のペインティング、映像作品、大がかりなインスタレーションもあわせて展示します。

 

 

多彩な方法を駆使した、ユニークな創作活動

 

千葉は絵画を描く前に、まず紙粘土や木片でオブジェを制作し、身の回りの品々とともに配置した仮設の風景を作ることからスタートします。

これを、素材の質感によって描き分ける高度なテクニックで絵画化し、展示します。

 

東京オペラシティ アートギャラリー「千葉正也個展」/展覧会レポート

展示風景より、《タートルズ・ライフ #3》2013年

 

〈タートルズ・ライフ〉は、中央に亀が住んでいる水槽、その周りに現代社会の隠喩的なモチーフが描かれたシリーズです。

千葉は同じモチーフを繰り返し描いており、これらのオブジェの一部が、実際に展示室のさまざまな場所にちりばめられています。

 

絵画と彫刻、二次元と三次元の世界の境界があいまいになった千葉作品。

また、会場内をじっくり見て回ると、歩き回っているを見つけることができます。こちらもぜひ探してみてくださいね。

 

 

オペラシティのための作品も登場

 

本展のために制作したシリーズ〈温かいギャラリースタッフ〉も展示されています。

 

東京オペラシティ アートギャラリー「千葉正也個展」/展覧会レポート

展示風景より、《温かいギャラリースタッフ(警備会社)》2020年

 

電気毛布の上に、東京オペラシティ アートギャラリーの監視スタッフが描かれたユーモアあふれる作品。

訪れれば、描かれたスタッフに会えるかも?

千葉のこういった遊びごころは、どの作品でも見つけることができます。注目してみてください。

 

 

絵画を通した新しい鑑賞体験とは

 

作品はもちろん、千葉正也個展でしか見られない独自の展示構成に注目です。会場は、木材で組み立てられた通路ですべてつながっていて、作品はその周りに展示。

 

東京オペラシティ アートギャラリー「千葉正也個展」/展覧会レポート

展示風景

 

「絵画作品は昔から壁にかけるものだ」。

そんな長い歴史を持った‟絵画”へのイメージを取り払い、ありとあらゆる独自の方法で現代アートに落とし込んだ千葉の作品は、観るひとの心に残る鑑賞体験をもたらしてくれますよ。

 

 

本展は、千葉にとって美術館での初の大型個展です。

東京オペラシティで、千葉正也の世界に入り込んでみてはいかがでしょうか。

 

東京オペラシティ アートギャラリー「千葉正也個展」/展覧会レポート

展示風景

 

★その他の展覧会レポートはコチラ

展覧会名

千葉正也個展

会期

2021.01.16~2021.03.21 開催終了

会場

東京オペラシティ アートギャラリー

*新型コロナウィルス感染症対策についてはこちらをご確認ください。

【毎日更新中!】OBIKAKEをフォローする

Editor  三輪 穂乃香

【編集後記】

 

この記事をシェアする
一覧に戻る
TOP