array(1) { [0]=> int(17459) } マニュエル・ブルケール 20世紀パリの麗しき版画本の世界/展覧会レポート | OBIKAKE(おびかけ)

ニュース

ポーラ美術館がレオナール・フジタ作品を新収蔵!/ニュース

2021.6.28

国内最大級のフジタ・コレクション!

フジタの初期作品が現在公開中です

 

ポーラ美術館(神奈川県)が、レオナール・フジタの最初期の裸婦像《ベッドの上の裸婦と犬》を新たなコレクションとして収蔵しました!

これまでのフジタ作品と合わせて計215点(油彩画168点、水彩画類28点、挿絵本17点、版画集1点、立体物1点)の日本最大級のフジタ・コレクションを有することとなります。

(作品の展示期間:2021年4月17日~9月5日)

 

 

新収蔵作品ってどんな作品?

 

《ベッドの上の裸婦と犬》は、1921年に制作されたフジタによる最初期の裸婦像です。

彼は1920年にフジタの代名詞である「乳白色の下地」の技法を完成させたと言われており、同年もしくは翌年にその技法によって初めて裸婦を描きました。

 

本作品は、1921年の第14回サロン・ドートンヌに出品された裸婦像に先行する、フジタが「乳白色の下地」に最初に描いた記念碑的な裸婦像である可能性が指摘できます。

 

©Ken Kato 左奥が新収蔵作品

 

フジタ作品に詳しい美術史家シルヴィ・ビュイッソン氏によれば、この作品のモデルはデメトラ・メッサーラという、多くの芸術家たちのモデルをつとめた女性だそう。

黒い巻き毛と太い眉、長い鼻筋と薄い唇の持ち主で、フジタは本作において彼女の容貌を的確に捉えています。

 

こちらの新収蔵作品は、現在開催中の「フジタ-色彩への旅」展で鑑賞することができます!

 

 

6月26日より展示替え!新たに10点の作品が展示されます

 

開催中の「フジタ―色彩への旅」の会期中では最大の規模で展示替えが行われました。

マドレーヌ・ルクー《フジタの肖像》1931年 メゾン=アトリエ・フジタ

 

「第2章 中南米への旅」と「第3章 アジア旅行記」を中心に、フジタの画業の変遷を象徴する作品(例:《メキシコの母娘》下関市立美術館蔵、《ちんどん屋3人組》公益財団法人平野政吉美術館蔵など)10点が展示されます。

 

 

夏のお出かけにいかがでしょうか?

感染症対策をバッチリして楽しみたいですね!

 

ポーラ美術館

 

 

★その他のニュースはコチラ

展覧会名

フジター色彩への旅

会期

2021.04.17〜2021.09.05

会場

ポーラ美術館

OBIKAKEをフォローする

発信元  OBIKAKE編集部

この記事をシェアする
一覧に戻る
TOP